日本精蝋株式会社

トップページ > IR情報 > 個人投資家の皆様へ > こんな会社です!

個人投資家の皆様へ

日本精蝋はこんな会社です!

日本でただ1つ、ワックス=ロウだけをつくっている会社です。

日本精蝋は、1929年(昭和4年)に南満州鉄道の子会社として設立されました。主に石油ワックス(ロウ)製造と、その過程で得られる重油を海軍の燃料として供給することが目的でしたが、終戦とともに閉鎖。1951年(昭和26年)に日本精蝋株式会社として再興され、それ以来、日本で唯一のワックス専門メーカーとしてわが国の産業経済の発展に貢献してきました。長年にわたり培ってきた確かな技術力のもとに生み出されるワックスは「ニチロウ製品」として親しまれ、その品質は高く評価されています。

昭和4年 南満州鉄道の子会社として設立
昭和20年 終戦により在外資産のためGHQの管理下に置かれ旧会社閉鎖
昭和26年 在外資産の管理を解かれ資本金620万円をもって新会社設立
昭和38年 東京証券取引所 市場第2部に上場
昭和46年 資本金11億2,000万円に増資
昭和50年 大阪支店設置(営業所を昇格)
平成20年 つくば事業所設置(新設)

世界で認められているニチロウ製品。生産量の半数は海外向けです。

ニチロウ製品は、海外へも輸出されています。アメリカを筆頭に、中南米やオセアニア、東南アジア、中国など約30カ国において、良質のワックスとして高い知名度を誇っています。海外向け製品は年間総生産量の半数程度を占めており、国内向け同様、山口県周南市に位置する日本精蝋徳山工場で製造されています。海外に生産拠点を置くのではなく、目の行き届く国内での生産にこだわることで、品質のレベルを維持し、海外からも寄せられる厚い信頼にお応えしています。

世界で認められているニチロウ製品


ニチロウ topic1
ワックスに賭ける信念をデザインした社章

ワックスに賭ける信念をデザインした社章 日本精蝋のワックスは、独自の製造法で原料油からワックス分を結晶化させて取り出し、精製してつくられます。日本精蝋の社章は、そのワックスの結晶をデザインしたもの。半世紀以上にわたり、社会に役立つワックスづくり一筋に歩んできたニチロウの姿、その可能性に賭ける信念を映したシンボルとなっています。