日本精蝋株式会社

トップページ > 企業情報 > 沿革

沿革

1929年 南満州鉄道の子会社として設立
1930年 徳山工場操業
1938年 増産工事竣工(月産600トン)
1945年 終戦により在外資産のためGHQの管理下に置かれ旧会社閉鎖
1951年 在外資産の管理を解かれ資本金620万円をもって新会社設立
1952年 第1次原料油輸入(スクラナ号)
1960年 増産工事竣工(月産2,300トン)
1963年 東京証券取引所 市場第2部に上場
1964年 増産工事竣工(月産3,000トン)
1968年 増産工事竣工(月産4,000トン)
1970年 増産工事竣工(月産6,500トン)
1971年 資本金11億2,000万円に増資
1972年 増産工事竣工(月産8,000トン)
溶剤脱油装置完成
1975年 大阪支店設置(営業所を昇格)
当社の全額出資により周和産業株式会社を設立(徳山工場)
1976年 化成品製造装置完成
1977年 顆粒成型装置完成
1980年 パイプ発汗装置増強完成
1984年 粒状成型装置増強完成
減圧蒸留装置完成
1986年 化成品製造装置増強完成
1992年 顆粒成型装置増強完成
1993年 製品倉庫増設完成
1997年 本店所在地を東京都中央区京橋から中央区新川に移転
1999年 粒状成型装置増強完成
2000年 分子蒸留装置新設
2005年 分子蒸留装置増設
2008年 つくば事業所設置(茨城県)
食品添加物製造設備新設
当社の全額出資によりテクノワックス株式会社を設立(つくば事業所)
2011年 開発研究センターつくば分室開設(つくば事業所)
2012年 本店所在地を東京都中央区新川から中央区京橋に移転
2014年 当社の全額出資によりタイ現地法人Nippon Seiro (Thailand) Co.,Ltd.を設立

VDU
VDU (減圧蒸留装置)

顆粒成型装置
顆粒成型装置

分蝋フィルタープレス
分蝋フィルタープレス

分子蒸留装置
分子蒸留装置

第二成型
第二成型